works

workshop

“ もしも森で暮らすなら - 生きものの暮らしや巣がヒント - ”

2014 

森と子どもとアーティスト vol.3 - あきのまき - 

主催 / NPO 法人 太宰府アートのたね

まほろば自然学校講師 / 岩熊志保

 

春の森で生き物たちの生息地や巣をに注目。場所の特性や身の回りのものをうまく利用したりしながら暮らしている生きものがたくさんいる森を散策をした後、「もしも森でくらすなら」をテーマに家族ごとのチームになって工作。生きものの暮らしや巣をヒントにしてもしも森で暮らすならどんな場所でどんな棲家にするのか設計図を作ってもらいました。 

 mmk.png